きらり号

きらり号 きらり号 船内 きらり号外観

2008年9月に就航したばかりの新型旅客船。 大阪の大変低い橋を通過する為、潜水艦と同じように船体に川の水を取り込み、船ごと沈めて運航します。天井は後方にスライドするためフルオープンで景観を満喫できます。 現在は企画クルーズ「落語家と行く なにわ探検クルーズ」の使用船舶として活躍しております。船内は木目調の癒し空間となっているうえ、各座席にはテーブルが設置されており、ゆっくりと飲食をお楽しみいただけます。

スペック表

長さ 20.83m
総トン数 19t
4.34m
乗客定員 66名(座席数47)

仕様

  • スライド式屋根
  • 昇降式客室
  • 自動バラスト調整による喫水調整
  • トイレ(1基)